Infrastructure

【Mac必見】Homebrewのインストールと初期設定

インストール編

Homebrew

$ /usr/bin/ruby -e “$(curl -fsSL
https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)”

Homebrew-cask

$ brew install caskroom/cask/brew-cask

現在では、Homebrewをインストールすると、caskもインストールされるので、再度インストールする必要はないです。

Homebrewとは?

Homebrewは、MacOS専用のパッケージ管理ツールです。

コマンドだけで、RubyやPHP、Pythonなどのプログラミング言語をインストールしたり、言語ごとに使われるライブラリ管理ツール、Gitなどをインストールできます。

インストーラをダウンロードして、各種言語やライブラリをインストールすることもできますが、Homebrewを使えば、コマンドだけでインストール可能なので簡単です。

また、アンインストールもコマンドで可能なので、非常に管理が楽です。

Homebrew-caskとの違いは?

Homebrew-caskは、Homebrewの拡張で、MacのGUIアプリケーションもインストールできてしまう優れものです。

例えば、ブラウザであるChromeFirefox、ビジネスチャットツールのSlack、エディタのVSCodesublime-textなどをインストールすることができます。

それぞれのサイトに行ってインストールするより、はるかに簡単にインストールできるので、僕も使ってます。

また、シェルスクリプトで記述しておくと、新しい職場で支給されたMacをすぐにセットアップできたりするので、おすすめです。

GUIアプリケーションをインストールした際、以下の設定を変更しておかないと、Launchpadに表示されないので、注意してください!!

インストール先を/Applicationsに変更

$ export HOMEBREW_CASK_OPTS=”–appdir=/Applications”

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。